クドリャフカ
2016年11月09日 (水) | 編集 |
161103.png
太鼓を見に行きました。
友人のお誘いで、半年以上前からずっと楽しみにしていました♪
太鼓は、我が家は、お祭り等で見る機会がよくあるのですが、こういう「公演」としてのステージでは初めてでした。

この「雅武者」さんを見るのも初めてでしたが、全体的にお祭りの雰囲気がありました。
お囃子なども出てくると正にそんな感じ。

室内での太鼓演奏って、どんななんだろうと不安だったので、割と前の席で鑑賞。
間近で見て改めて、太鼓をたたくというのは、全身のバランスを使うんだろうなぁ、と本当にすごいなぁ、と思いました。(←運動全然ダメの私
中学校和太鼓部も参加演奏していましたが、人数居たので迫力ありました。
全部で2時間ほどありましたが、楽しかったです



11月になって、ぐんぐん寒くなりましたね。
我が家は玄関が寒くて、耐えられなくなってきたので、今年初キャンドルをつけました!
小さな炎で結構暖かいんですよねぇ



ところで、
11/3といえば、思い出すことがあります。
というか、思い出したくないことですが。

宇宙に行った、クドリャフカという1匹の犬の話。

このブログにも、かなり昔に書いたと思いますが、遡って検索する気にもなれず。
でも、人間として知っておかなければならないことだとは思います。
良かったら、調べてみて下さい。
https://youtu.be/OGn4gCxce_w
161109.png
  クドに永遠の安らぎと暖かさを。
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
台風18号
2016年10月05日 (水) | 編集 |
もう18号なんですね。
今年は台風少ない、と言っていましたが、発生してからは連続していますね。
今日は東北の方がピリピリしています。つい昨日テレビで、沖縄の台風被害の映像を見たばかりなのに、もう東北なんですね。
今回は、太平洋側の関東地方はあまり影響がないのでしょうか。洗濯物干してしまいましたけど…

沖縄と言えば、
娘が修学旅行で行ってきた時に、こんなの買ってきました↓

ガラケーサイズのミニチュアパインです
食べられるの?と思ったら、観賞用なんだそうだ…
特別パインの香りがするわけでもないのですが、まぁ、飾りましたわ
テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用
エウロパと、わらすぼ
2016年09月28日 (水) | 編集 |
数日前に「NASAが驚くべき発表をするらしい」という情報を知り、理系好きな私としては「a.m.3時だけどリアルタイムで観るぞ!」と意気込んでいたのだけれど、すっかり忘れて普通に寝てしまいました… 朝起きて、テレビを付けたら、各局放送しているのを観て思い出したのでした。

発表は「木星の衛星エウロパから水分の噴出を観測した」というもの。

別に、発表内容を想像していたわけではないのですが、
「なんだ。そんなことか」と思ってしまった私。
氷の星エウロパは以前から地中に海があると言われていたんだし、噴出がそんなに重大なことだったのか?
「噴出の確信」が初めてだったのかな?だとしたら、地中の「何か(有機物とか?)」が表面に出てきた可能性があるというのなら、興味深いでしょうね。

しかし私は、そもそも「水=生命体」というのに疑問がある。地球の生命体に水(H2O)は必須だけれど、地球外生命体にとって必須なのかどうかは判らないのではないかなー。
もちろん、水が必須な生命体の方が、我々と近しいモノになるのでしょうけれど。

とりあえず、エウロパは気温マイナス200℃位らしいので、そのような環境下にいる生物のことが理解できるとは到底考えられない!と思う寒がりな私でした…



そういえば、
ちょっと前にオットがこんなの買ってきました↓
warasubo.png
ハゼの仲間の「わらすぼ」という魚らしい。有明海産。
食べるトコなさそうなんですけど…
warasubo1.png
目は退化してるんだそうだ。

これでも充分「エイリアン」ですな…。
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
終焉
2016年08月09日 (火) | 編集 |
天皇陛下がお気持ちご表明されました。
皇族のご公務は「大変だなぁ」とは思っていましたが、やはり正確には漠然と思っていただけ。

80歳ともなれば、世間の企業では、とうに退職している年齢。
崩御まで働け、なんて言われるとすれば確実にブラックでしょう。

そして、一番衝撃を受けたのが、

「殯(もがり)」

ググッてみると、
「長い期間、棺に遺体を仮安置し、遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認すること」
とある。
そんな「儀式」が行われていたことも知らなかったし、この言葉自体初耳です。
ましてや、自分の親ですよ。
陛下もこの言葉を発する時に一瞬止まったように感じられました。



思い出したことがありました。
5、6年前のことですが、
朝、出勤して行ったオットから(家を出てすぐに)、メールがきました。
「昨日もあって気になっていたけど、時間なくて…。すみません。見に行って下さい。」と。

その場所に行ってみると、確かにありました。
道路わきの土手に、ネコのような、いや、ネコよりも長い。胴体も長いし、尾も長い。なんだ?

あとで、調べてみたところ、多分、ハクビシンでした。
ハクビシンは、顔の鼻筋が白くなっているのが特徴らしいので、すぐに判りそうですが、
多分、というのは、結構汚れていて、もうすでに腐敗もして全身のところどころ崩れていたから。
でも、言われてみれば、白い筋があったかも、と。

普通に人目のある場所だったので、とりあえず家に戻り軍手を持ってきて、木々の奥へ移動させました。
下側になっていた面には、ウジもたくさん付いてました。一体何日前からだったのだろう。

冬前のことだったかな。
大きな木の根元に置き、落ち葉があったので、たくさんたくさんかけておきました。
安らかに土に還っているといいのですが。
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
雲仙普賢岳
2016年06月03日 (金) | 編集 |
6月3日「雲仙普賢岳祈りの日」です。
25年前、雲仙普賢岳で大火砕流が発生した日です。
当時私は、自然環境やら野生動物やらの勉強をしていた頃なので、興味深く(?)報道を注視していたのを思い出します。
九州では、先々月からの地震でまだまだ落ち着かないもよう。
酷暑になる前に、多くのことが改善されるのを願うばかりです。



さて。
えーと。

「ニシローランドゴリラのハランベについて」

何を書こうかいろいろ考えていたのですが、

やめておきます。

「インドの寺院で、数十体のトラの死体発見について」

やめておきます。

「ライオンの檻に入って自殺しようとした人を助けるために、2頭のライオン射殺について」

やめておきます。

はぁ。・・・なんていうか、
言うことないですね。
興味のある方は検索してみて下さい。




とりあえず、
まったり過ごしている我が家です。