"It”と呼ばれた子
2004年05月30日 (日) | 編集 |
 もう1年以上前に姉から借りたこの本をようやく読み始めてみた。 書店で見かける度に「あぁ~読まなければ…」と思いつつ、 なかなか取りかかれなかったのであった。 コピーに躊躇していたわけではなく、ただゆっくり読みたいと思っていた本だったから、しっかり時間の取れる時でないと始められなかった。 そして、一晩一冊ずつ一気に読んだ。 「ガスコンロで腕を焼かれる」 「アンモニア水を飲まされ、塩酸入りの洗剤で掃除をさせられる」 「弟の汚物を食べさせられる」 そんな「母親からの児童虐待」を受けた本人が語った本であった。 これには、続編もあり、借りたのは3冊。 「幼年期」「少年期」「完結編」 実際に虐待を受けた期間をまとめたのが幼年期であった。 だから、これが一番悲惨な内容に思えました。 でも、あくまで、5,6歳の子供の観点からの文章になっているため、 とても読みやすく判りやすく、たんたんとしている。 状況はおぞましいものだけれど、当人の考え方が違うので、さらっと書かれていたりする。 周りの人の思い、特に母親の真意や、父親の気持ちなども何も出て来ない。 本当に、少年自身から見た事のみ書かれている。 ちなみに「母親がなぜ虐待するようになったか」は完結編に少しだけ出て来る。 子供の虐待という事についても、もちろん重要な内容だと思ったけれど、 私はどちらかと言うと「里親里子」に関しての方が興味があった。 なぜか、私は昔から、里親・養子制度にとても興味をひかれる。 中学か高校生位の時にはすでに、そういうドキュメンタリー番組などもよく観ていたのであった。 (もし何かの縁があったら里親になってもいいと思っていたが、残念な事に(?)自分の子供が生まれてしまったので、とりあえず今の所それで手いっぱいである…(^^)ゞ) まー、そーゆー事で、そういう内容の物語本も我が家の本棚には多々ある。 そして、そういうモノには、やはり「虐待」が関与していたりする事も少なくない。 だから、虐待に関しての本も多い、と言ってもいいのかも知れない。 だから、「州史上最悪の児童虐待」といわれているこの本を読んで、 「これが史上最悪?あーそうなんだ。」という印象だった。 そういうモノを読み慣れているからなのかも知れない、と思った。 でも、ふと気が付いたのであった。 イヌやネコに対する虐待を、いろいろ知ってきたからなのかも知れない、と。 この「Itと呼ばれた子」は確かに、本当にひどい仕打ちを受けてきた。 でもそれは、最近発覚する動物虐待においての出来事とも大して変わらない。 そしてそれも、氷山の一角である事は明白な事実なのである。 この著者は、賢く強い意志の持ち主であったため、生き延びる事ができた。 でも、イヌやネコなど、小さな無垢な動物には、その力は無い。 「人間と他の動物の違い」 「虐待に対する人間の考え方の違い」などなど。 とても難しい。 結局のところは、自分は何も出来ず、高みの見物をしているだけなんだなーという事かなー。
[続きを読む...]
あー寒いっ(>_<)
2004年05月23日 (日) | 編集 |
雨続きなので、冷えて寒いです(×_×) 加えて、最近、くしゃみ鼻水が止まらないので、 そろそろカモガヤ花粉がきたかなー(×_×)とクラクラしていました。 週末で、どこに行く予定もなかったので、家でダラダラ過ごしていました。 ネコ達も、ストーブをつけると、すぐ現れるのだけれど、それ以外は、どこに居るのやら…。 あとは、誰かが座っていて、ちょっと席をはずし戻ってくると、もう椅子に乗っているネコ達。温かいのだろう…(^^)ゞ 買わなくてはいけない物はいろいろあって、行きたいのだけれど、 寒いので出たくない…。雨だし。 そんなで、する事もないので、 オットが、ごそごそと、押入れからシンセサイザーなぞ出してみた。 出そう出そうと思っていて、ついつい機会を逃していたのだ。 さて使おう、と思ったら、ACアダプタが見当たらない。 家中探したけれど、結局見つからず、もしかして実家にあるのかも、 という事になった。(引っ越して来てから一度も出していなかったのだ。) でも、まぁ、確実ではないし、出してしまったからには、 もう今、使いたい~o(>o<)o そういう事で、オットがアダプタを買いに行く事にしました。 で、ついでに新しいアンプも買って。 その間に、部屋を片付け、置き場所を確保する私。 普段、動かさない物を移動させたりしたもので、当然ホコリがすごい。 で、よけいに、くしゃみやら鼻水やらひどくなり、 顔や目も痒くなったりして、更にフラフラ…(+_+) なんだかんだで、無事、使えるようになり、 いろいろいじって遊ぶ親子3人(^^)ゞ 娘が、めちゃくちゃな騒音を弾く横で、ウメはスヤスヤと眠っていました(^_^;) やっぱり、鍵盤モノがあるといいですねぇ。 私が持っていた楽譜等は、実家に置いてきてしまっているので、何も無い。 オットはたくさん持っているけど、ほとんどギター用だった…。 そんなで、『おかあさんといっしょ』の本なぞ見て、そんなのを弾いてみる私であった…(^^)ゞ とりあえず、ラックの上に置いて使っているシンセサイザー。 ネコ達が、鍵盤の上に乗らないために、何か考えなければなぁ…。
2004年05月20日 (木) | 編集 |
数日前からずっと、 玄関の外の上の方に、蛾が止まっている。 そう言えば、数年前にも居た事があった。 その時は、インターホンのすぐ横に居た。 何日かして、居なくなったが、そのあとには、卵らしきツブツブがたくさん残っていた( ̄ロ ̄∥) こんな所で、こんなにたくさん孵ったらどうしよう~! ドアの隙間から入ってきたらどうしよう~! と、オロオロして、途方にくれていたが、 そうしている間にも、微妙に卵の色が変わってきたりして、 明らかに、日に日に成長(?)していたのであった。 しかし、これも、数日後の朝、突然無くなっていた。 孵ったのだろうか。 でも、ムシらしきものは、見当たらなかった。 くまなくさがしても1匹もかけらもなかった。 今回も同じ事が起こるのだろうか…(ーー;)
[続きを読む...]
エレクトーン
2004年05月16日 (日) | 編集 |
ヤマハの「いい音感動フェア」というのに行ってきました。 場所は、撮影などに使われているTBSの緑山スタジオで、通常は、関係者以外は入れないというので、そういう興味もありましたが、一番の目的は、 「ぷっぷるに逢う!」 という事でした。(ヤマハのキャラクターで、着ぐるみが来るらしい。) そして、うたのおねえさん、竹田えりさんのコンサートもあるというので申し込んでおきました。150人程度が入れるスタジオで行われました。 始まる前、座って待っていると、 「お子さんの写真を撮ってもよろしいですかー?」と、写真を撮って周っている若い男の人がいました。 取材か何かの関係者のカメラマンなのかなー、と思っていましたが、 やたらハキハキしていて、元気のある人でした。 コンサートが始まり、お姉さん登場。 「お~!うたのおねえさんだ~!」という雰囲気でした(^^)ゞ 子供向けの歌などいろいろして盛り上がり、中盤に差しかかった時、 おねえさんの紹介で、先ほど写真を撮って周っていた男の人が登場。 なんとその人は、「たかはしごう」さんでした( ̄ロ ̄∥) ひえ~! たかはしごうさんというのは、ハローキティの恋人(?)ダニエル・スターの声をされている方です。 ダニエルの声を生で聞き、お母さまがたは大変感動しておられました(*^m^*) そして、『おかあさんといっしょ』の中の「パジャマでおじゃま」の歌も、この人だったと私は初めて知ったのでした(@o@)! ごうさんは、バイオリンもされるかたで『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」を演奏して下さいました♪これは貴重な体験でした~(*^o^*) 後半は、子供達がステージに上がったりする出番もあり、良く判らないくせに、ちゃっかり入って上がって参加してしまったうちの娘…(^^)ゞ ごうさんに頭をなでてもらったり、大変可愛がっていただきましたf(^^;) さて、このイベントの趣旨は、楽器の展示販売でした。 我が家は、楽器を見るのは好きなので、行ってみたのでした。 楽器と言っても、ピアノやエレクトーンがメインで、他は管楽器が少々。 うちのオットはジャズギターをやっている人なのですが、弦楽器は、バイオリンしかなく、ちょっと残念。 でも、エレクトーンの部屋にも一応、立ち寄ってみる。 娘のレッスンで、エレクトーンを使っているし、何か鍵盤モノを考えようかなぁ、と漠然と思ってはいたものの、今の所、何も決めていませんでした。(うちにキーボードはあるけど。) 最初に、たまたまキティのディスプレイがしてあったというだけで、EL100という機種(入門用?)が気に入り、離れない娘。 そして、そのすぐ隣に、最新のELS01「STAGEA」があり、それにちょっと興味をひかれる私達夫婦(^_^;) オットはもちろん「音」にキビシイが、そんなでもない私などが聞いても、このSTAGEAの音は、他とは、はっきり違いました。 そして、これには、スタンダードモデル(69万)とカスタムモデル(108万)があり、カスタムの方が、更によりいい音です。アンプが違うのでした。 もう、これを聞いてしまうと、他のでは、物足りないっ(>_<)という感じです。 もちろん機能的にも魅力的な物がたくさんあり、「買うならコレだ。」と断然乗り気なオット。(どちらかと言うと自分用。) もっとも「買うなら。」の場合であり、今の所、まだ考えていないのですが。 私は、過去にピアノをちょこっとやっていただけなので、エレクトーンは全く解らず(ーー;) でも、確かにあの「音」は引かれるものがありました。 ただ、カスタムでは使わなそうな機能もたくさんあるので、とりあえず、スタンダードにアンプ(12万)だけ取り替えればいいかなー、とも思ってしまう貧乏症な我が家であった。 それに、実は、私は「ピアノでなければオルガンもいいなぁ」と思っていた人なのでした。 その話をすると、オットは「オルガンだったらハモンドオルガンでなければならない!」と譲らない。これも負けず劣らず高価なモノであった。 「それだったらSTAGEAの方でも…」 などなど、いろいろ話し合っていたのでした。 ちょうど数日前から近所の店の特設会場でピアノフェアをやっていて、 帰りに寄ってきたのですが、STAGEAの前機種の「EL900」というのも出ていました。47万円也。 「あ。これ安いんじゃない?」 だんだん価格感覚が違ってきている私達であった…/(×o×)\
[続きを読む...]
寒い日
2004年05月12日 (水) | 編集 |
普段、昼間は出て来ないのに、 ストーブが付いていると、我が物顔で 決して場所を譲らない次女テン。 押入れを開けると、 「開けないでよ~(ーー;)」という顔をして、 寝ている長男チョビが居る。 ちょっと休もうと、別の部屋に行くと、 すでにマッサージチェアを占領しているウメが居る。
寒い日は、こんな我が家…
トイレがつまった!
2004年05月11日 (火) | 編集 |
昨日の夜、オットが言った。 「明日は長野に行く。」 えーっ?そんな突然言われてもーっ! いや。別に、言われたからと言って、どうする訳でもないのだが…(^_^;) そーゆー事で、今日は早朝に出かけたオットであった。 私はと言うと、今日はいろいろ予定が入っていて忙しい。 まぁ、払出に行ったり、幼稚園のリサイクルバザーに行ったり、などなど、 と、大した事ではないけど。 で、いろいろして、夕方、娘と帰ってきて、疲れてゴロゴロしていた。 ちょっと眠りに落ちたりしつつ、いけないいけない、と買い物に出る事にした。 その間も、娘は一人でネコ達と遊んだり、自分でトイレに行ったりしていたようだった。 外に出てすぐに、「ん?パンツ1枚だ!」と気付く。 娘はまだ完全にオムツが取れていないので、出かける時は、念のため、パンツの中に1枚パットを付けている。 確か帰ってきて自分で貼っていたのに…。トイレに行った時に取ってしまったのかー、と思った。あぁ、今日はウンチがまだだしなぁ。 ハラハラしながらも、無事買い物を済ませ、帰宅。 「トイレ行ってからテレビ観ようね」とトイレに行かせる。 流して出ようとした時、ふと便器を見ると、「む?溢れてくる !?」 「あれー?なにこれっ?」と言うと、 「さっきパンツ流しちゃった」と娘。えぇ~っっ( ̄ロ ̄∥) !? どうやら、付けていたパットを剥がし、捨てたらしい。ひえ~/(×o×)\ 長くなるので、省略するが、いろいろ試みたが、モノは出て来ない。 でも気が付くと普通に流れるようになっていた。 とりあえず、流れて行ったのだと思うけれど、でもどこへ? 我が家は集合住宅である。下のお宅で詰まったら大変な事になる~(>_<) 実は、ダメだと思った時、すぐに水道業者へ連絡して来てもらう手配をしていた。 しかし、流れるようにはなった。でも、階下は大丈夫だろうか。どうしよう。 とりあえず流れているし、うちを見ても無駄なんではないだろうか。 見積もりは1万円前後と言っていた。どうしよう。 そして、長野に居るオットにまで電話してみた。 「来て貰ったほうがいい。」の一言。 そうだった。オットは心配性なので、そう言うに決まっているのだった。 しかしー!1万円だぞ! 来てみて、なんともなかったらどうする? 主婦の私としては、他に何か無いか、ジタバタしてみる。 「緊急事故時間外受付電話番号」 というのがあった。7年前に引っ越してきた時に貰った、住宅のパンフレットにあった。 すぐ電話して、状況を説明すると、 「まぁ、おそらく大丈夫でしょう~。」とあっさり。 物が柔らかい形状である事。 大きさも大した物でない事。(ホントか?) 現在、通常に流れているという事。 詰まってから、かなり時間が経ったが、その後も異常がない事。 などなどから、多分無事に通過したでしょう、という事であった。 念のため、階下の人にもそれぞれ、話しをしに行きましたが、 一番心配だった、1階のお宅も、何の問題もないとの事。 あぁ~、良かった~。何とか、おおごとにならずに済みそうだ。 業者には、キャンセルの電話をした。 慌てて電話をして「やっぱり大丈夫でしたぁ」というオバサンは、結構居るんだろうなぁ、とも思ってしまった(^^)ゞ (でもこっちだって最初に説明したのに。大丈夫かどうか判りそうなものなのに。むむむ。) しかしこれで、福沢諭吉さんも、もう少し我が家に居て下さる事になった。 めでたしめでたし☆
南大沢どうぶつ病院(東京)
2004年05月09日 (日) | 編集 |
新しい動物病院が出来るそうで、数日前、折込広告が入っていました。 開院に先駆けて、内覧会があるというので、行って来ました☆ それにしても、最近の医院は大抵、開院前に内覧会をしますよねぇ。 流行りなのかしら。 そして、そーゆーのを見に行くのは、私は好きだったりするのであった…(^^)ゞ 南大沢どうぶつ病院』 場所は、東京都八王子市。最寄駅は、京王相模原線「南大沢」だけれど、駅から歩くとなると、少しあるかも知れない。10~15分位? でも、駐車スペースは有るので、車なら便利。 着いて最初に目に付いたのが、隣が自動車修理場だという事。 その音が、どの程度まで院内に聞こえるのだろう、 と、ちょっと心配しつつ、中に入ると、その事をすっかり忘れてしまうほど、ほとんど気にならなかった。でも、入院などで、夜、静かな時はどうなのだろう。もっとも、夜は、隣も終わっているかな。 獣医の先生というのは、私の偏見からすると、 動物が好きなんだろうけれども、 失礼ながら、見かけではそんな感じが無い先生と、 もう見るからに、動物が好きそ~な先生が居る。 この病院の先生は、男女のお二人。両先生とも後者の感じ。 若いかたでしたが、とても熱心そうな印象を受けました。 中の設備は、私達素人が思いつくような物は、すべて揃っていた。 診察室には、カメラの画像が見られるモニターなどもあり、例えば耳の中の処置なども、画面で観られるというものでした。 エコー機器もカラーだそうで、血流などの様子もはっきり見えるのだそうだ。 もちろん手術室もあり、器具の殺菌器(?)もしっかり完備されていました。 待合室もそこそこ広かったです。でも、まー、大型犬が3頭くらい入ったらキビシイかな…(^_^;) そして、いろいろお話を伺うと、我が家の亡きダイヤが通っていた大学病院にも行かれているとの事。 ダイヤを看て下さったこともあったそうで、覚えても下さっていた。 大学の病院というのは、主治医によって曜日が決められている上、 学校なので当然、季節毎の休みもある。 救急で看てもらいたい時には、とても融通がきかない所であったりする。 そういう所に通っていて、緊急な事があった場合は、近所の病院に行くしかない。 そんな時、少しでも、状況が判っている先生に看てもらえれば、心強いに違いない。 麻布大学の付属動物病院(神奈川県)に通っているかたは、ココでお世話になると特に良いかも知れない(^_^)丿 (ちなみに腫瘍科と循環器科の先生だそうです。) そう言えば、診療動物は何か、聞くのを忘れてしまった…。 犬猫はもちろん看るでしょうけれど、鳥や小動物などは、どうなのかなー。 もし行かれる方は、先に確認してみて下さい。(>_<)
[続きを読む...]
母の日
2004年05月07日 (金) | 編集 |
GW最後の日、オットと娘が大きな袋を持って来た。 見るとお花だった。 「早いけれど母の日の贈り物」という事であった。 すんごく早い気がしたけれど、考えてみると、もう数日後なんですねぇ。 今日から、娘は1日保育で、午後までになったので、 今までよりも2時間半も長い。 私もゆっくりできる~♪ とりあえず、いつものように、パソコンでもしようと思っていたけれど、 どうも調子が悪くて、止まってしまう。 3度繰り返してもダメだったので、パソコンはやめた。 掃除などを念入りにしていたが、それでもまだ時間がある。 買い物に出かけた。 フラフラ見ていると、女性の下着売場に、遠目からでもすんごーく目立つ程、 たくさんの赤いショーツが飾られていた( ̄ロ ̄∥) 以前流行っていた記憶があるけれど、 「また流行り出したのかなー」と、その時はそう思っただけだったが、 あとでよく考えてみると、あれは「母の日」の贈り物として、推奨陳列していたのだろうか…(^^)ゞ 外へ出ると、店頭につながれているシーズーが居た。 飼主さんではなさそうな人が、構ってあげていた。 その人は、ワンちゃんの顔の前に、手のひらをかざして、 ゆーっくりと回していた…。 ――うーん。何をしていたのだろう…(ーー;)
にがり・その後
2004年05月04日 (火) | 編集 |
先日買った「にがり」をいろいろに使ってみました☆ まず、洗顔の時のすすぎに使ってみました。 肌がツルツルしたような気がして、なかなかいい感じでした。 その前に、体を洗う時とシャンプーの時のお湯も、それを使ってみたのですが、 泡立ちが悪くなり、これはダメでした。 別の日には、思い切って、湯船にも入れてみました。 入ってる時は、特に何も感じなかったのですが、 お風呂から上がって、しばらくすると、なんだかピリピリ痒い感じでした。 にがりの所為かは判りませんが。 でも、お湯のニオイが無くなっていたなぁ、と思いました。 オットと子供の後に入浴したのですが、2番目とはわからない程、無臭(?)のお湯でした。入れっぱなしでしたが、翌日でもニオイは無かったです。 シンプルに「にがり水」も飲んでみる。 ほんの1%位で作ってみたのですが、テキメンに味が違うっ( ̄ロ ̄∥) 良く言えば、コントレックスみたいな感じ。 悪く言えば、内視鏡検査前の下剤のような味。(すごい例えだが…(^_^;)) 要するに、ヌルっとした感じのモノです(>_<) 私はダメだわ…。 そして、今日は、ついに「手作り豆腐」に挑戦しました! 無調整豆乳500mlに、にがり小さじ1杯。 これを2つに分けて、蒸し器とレンジと2通りで作ってみました。 蒸し器で10分。止めて5分程放置。ほどよく出来ました~(^o^)丿 レンジは、1分半程かけてみる。周りがかすかに固まっているようだったけれど、まだまだほとんど液体。追加で30秒。かなり温まっているようなのだけれど、全然固まらず…(-_-;) 諦めて蒸し器に入れてしまいました…(>_<) すでに温まっているから、と5分程でやめたけれど、固まりきらずにものすごくゆるい豆腐になってしまった…(T_T) やはり短かったか…。 しかも、ちょっとザラついた感じのモノになってしまいました。 蒸し器の方が失敗無く、手軽に出来る。という感想です☆ それはそうと、 今度は、石臼を買った我が家(^^)ゞ 昨日、出店で「どんぐりクッキー」という物を売っているのを見かけ、 その場で、どんぐりを臼で挽いているのを見て、 「おぉ~(@o@)」と感動した私とオットだったのでした。 …で、たまたま今日買い物に行ったら、小さい臼を発見し、 「コーヒーなどにも使えるかも。」なんて思い、買ってしまったのであった。 明日、コーヒー豆を買って来よう…。
長男チョビの誕生日
2004年05月01日 (土) | 編集 |
イカの燻製をあげただけだったけど…f(^^;)