スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テン、受診する。
2008年09月30日 (火) | 編集 |


ものすごく、久々になってしまいました

放置している間に、
ウメの誕生日も過ぎ、テンの誕生日も過ぎてしまいました

黒猫テンは、我が家の最年長で、19歳になりました。

このところ、すっかり涼しくなってきたなぁ、と思っていたら、
お決まりのごとく早速「膀胱炎」になったテン…

我が家では、毎年、テンが血尿をしだすと「あー、もうダメか」と、慌てて暖房機器を出します。



そんなこんなですが、
昨日、膝にのっていたテンをなででいると、一番の下の乳首のひとつが腫れているのを発見ッ
腫れている、というか、しこりがあるというか…。

どちらにしても、普段はいたって適当~な飼育者の私ですが、
「腫れ物しこりもの」にはとにかく弱いもので、
ちょうど今日は、仕事が休みの日だったため、急いで病院へ連れて行きました。

そういえば、この数日、テンは、妙に機嫌が悪く、
他のネコが視界に入るだけで、ウーウーシャーシャーうなっていて、どうしたんだろう、と思っていたのでした。
もしかして、やっぱり、痛みがあったりなんかしたのだろうか…。



病院の先生にも、「あー、何かありますねぇ」と言われ、
「細胞を取って検査しましょう」ということになりました。

そして、触診していたところ、突然、先生が「あら、出ましたねー」と言い、見ると、
その乳首から、ピュ~と液体が…?!

まさに水鉄砲のごとく、はっきりと直線が見えるくらいピュ~と出て、
そして、それが出きったあと、しこりと思われていたモノは、きれいに無くなってしまいました…

先生いわく、「お乳が溜まっていた」のだそうだ…。

はぁ???

まぁ、とにかくモノが無くなってしまったので、細胞診も取りやめになり、
様子をみることになりました。

帰宅してからも、テンは、他のネコが近くを通っても、うなることがなくなったようなので、
やはり、なにかすっきりしたのでしょうか。

それにしても、本当に、
19歳の今になって、なぜ…という感じです…(;-_-) =3
スポンサーサイト
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。