『博士の愛した数式』
2006年03月01日 (水) | 編集 |
すっかり書きそびれていましたが、ずいぶん前に『博士の愛した数式』を観に行きました。
3週間位前かな。ちょうど風邪をひいてヘロヘロだったので、
夕方までゆっくりしてようと思い、いつもは2時頃までの娘の幼稚園ですが、延長保育で5時までにしておいたのでした。

が、時間があるとなったら、もったいないような気がして、
前々から観たかった映画に行くことにしたのでした。(ゆっくり寝てろって

で、『フライトプラン』とどっちにしようかなーと迷い、一応、風邪ひきでボーッとしているところにアクション系はツライかと思い、
この『博士の~』にしたのでした。
(のちに、『フライトプラン』を観に行った時に、それは正しい選択だったと気づくのでした

で、
その『博士の愛した数式』ですが、
いや~。面白かったです
何を隠そう?私は、理系だったもので、こういう数式にも興味あり、充分楽しむことができました
と言っても、知らない数式がたくさん出てきたので、理系だから楽しめた、というわけでもないと思います。
数学的知識がなくても、解説的なことを交えてあるし、それもサラッとなので、嫌気がさすような勉学的なところは無いです

あらすじは、
事故の後遺症で、記憶が80分しかもたない、隔離的に生活している、ある一人の博士と、
その家に来た家政婦と息子が、博士と共にさまざまな経験していく話です。

博士のこの特異な体質のおかげで、家政婦は、何度も変わってきていたのですが、
今回のこの家政婦は、適切な対応をし、もちろん失敗もありましたが、
それでもこの博士との関係を上手く築き上げていっていました。

この家政婦さんのおかげで、博士の記憶障害に何らかの改善があるのかなーなんて思ったけれど、そこまで都合良くはありませんでしたな…

博士には、義妹が居て、所々にみえるシーンが、イマイチ「?」な所が多くて、
「なんなの?誰のことを言ってるの?
「もしかしてこの二人は実は夫婦なの?
「世間体のために、兄妹と言ってるの?
なんて、いろいろ「?」に思いながら観ていて、私は結局最後まで、よく判らないまま思ってしまい、
納得できなくて、パンフレットを買って読んで初めて、「二人の関係」を理解したのでした
お子ちゃまな私なもんで、大人の関係など、ちっとも頭になかったのですよ。てへへ

全体的に、まったりとした流れの中進み、そして終わっていった、という感じですが、
それはそれで、心地よい印象の作品でしたね。
「数式」も「哲学的」に思えるような、そんな感じの映画でした

ちなみに、オットは会社で、「・・・と言っておいたじゃないか」とかいう感じのことを言われると、
「オレの記憶は80分しかもたないんだ」と言っているそうです…
テーマ:博士の愛した数式
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
私、これは小説は読みました!
映画は見ていないのですが
博士と義妹の関係は小説ではちゃんと最後の方で
わかるように描いてますよ。
原作がある映画って、小説を先に読んじゃうと
たいていの場合映画を見てがっかりすることが多いので
たぶんTVで見ることになりそうです。
2006/03/02(Thu) 16:44 | URL  | rei #XVgCdbeE[ 編集]
あ、これCM見てちょっと気になっていたんですよ~。
映画館で観る事なんて、もう何年もしてないな~。
うちはもっぱらレンタル派なので、TSUTAYAに並ぶまで待とうかな(笑)
2006/03/03(Fri) 15:09 | URL  | sato@お世話係 #-[ 編集]
☆reiさんへ☆
そうですね。
原作のある映画は、先に原作をよんではいけない。というのが鉄則のようですね…v-356
原作を知っている人の話によると、
「こんな大事なエピソードをなんで入れてないんだろう?」ということらしいですi-230
「二人の関係」もずいぶん省略されてしまったのかも知れませんねi-241
2006/03/06(Mon) 10:41 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
☆sato@お世話係さんへ☆
うちの方の沿線のホームには、ズラズラっとポスターが並べられていたので、毎日それを見て、かなり興味をそそられた人も多かったかも知れませんi-229

映画は「これはぜひ映画館で!」というのと
「テレビでもいいな(テレビの方がいいな)」と
「うーん。どちらでもいいかな」というのがありますが、
この作品は「どちらでも」に入るかも知れません~i-229
2006/03/06(Mon) 10:46 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
はじめまして!!
関連性のある記事だと思い、突然ではありましたがトラックバックをさせていただきました。僕は小説はまだ見ておらず、映画を見たきっかけも少し不純なのなのかもしれませんが、今はとても好きになってしまいました。
今後も色々な情報交換ができれば良いなと思っております。もしよろしければ、僕の記事へのトラックバックもよろしくお願いします。
2006/07/14(Fri) 17:48 | URL  | taka@FREQUENCE. #JalddpaA[ 編集]
☆taka@FREQUENCE.さんへ☆
トラバ有難うございました。
何事にも、きっかけというのは何でもいいんですよね。
それが良いことになれば。
私も数字がらみは好きなので、どうしても観たくて、ひとりで行ってしまいました。
テレビ放映するとしたら、もっと切られてしまうかも知れないので、そうしたら、もっと解り難くなってしまうかもしれませんものね。
私も、観てよかったと思っています。
2006/07/19(Wed) 20:51 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
博士の愛した数式公式サイト レンタル開始日: 2006年07月07日 DVD発売日:2006年7月7日 販売価格:¥ 3,905 (税込み)-Amazon- 製作年: 2005年 公開: 2006年01月21日 製作国: 日本 配給: アスミック・エース エンタテインメント 収録時間: 117分 出演者: 寺尾聰(
2006/07/14(Fri) 17:43:43 |  FREQUENCE.