スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョビの口と腎臓
2006年09月13日 (水) | 編集 |
ちょうど、1週間くらい前だったか、
白猫チョビの顔の異変に気が付いたのでした。
顔というか、あごというか、口がゆがんでいるというか…。
高齢で、口のしまりがなくなるんだったかなぁ?なんて思いつつ、
そして、腎臓の様子も気になるので、そろそろまた受診しなければなぁ、と思いつつ、数日が過ぎてしまっていた。

日曜日。
モーレツに暑い日であったが、オットと娘は「プールに行く」と言っていたが、私は「暑いからヤダ」と言って、一人で留守番をしていた。
以前、娘が骨折をした時の、保険書類なども溜まっていたので、それを書いたりしていました。
その、お昼過ぎに、
何の気なしに、チョビの口の中を、ペロっと見てみた。

すると、歯茎に、デキモノがっっ!

我が家は、過去に長女猫を口の中の癌で亡くしている。
その時の辛い思い出が、頭の中を駆け巡った。

私は慌てて、「すぐにでも病院へ行かなくてはっ!」と思ったが、
いつも行っている動物病院は、日曜の診療は、午前のみなのであった。
あぁ、気づくのがあと数時間早ければ間に合ったのに~

あ。
そういえば、ごく最近、近くに新しく開院した動物病院があったんだっけ。

で、保険書類を投函しがてら、見に行ってみたが、
そこも、日曜午後は休診であった…

過去のトラウマ?があるので、「デキモノ」には弱いワタシオロオロ~。
「落ち着け~。落ち着くんだ、ワタシ~」
「ただの口内炎かも知れないし~」
と「腫瘍」ではないほうに考えてみる。

しかし、「口内炎=猫エイズ」という図式も、私の頭には有った…

と言っても、猫エイズの対処なんて、これっぽっちも知らない。

とりあえず、「ただの口内炎」と考えることにした

で、「口内炎なら、何だ?抗生剤か?まぁ、多分そうだろう」と、家にあったパセトシンを飲ませる。バキソ(抗炎症剤)も有ったが、これは腎臓に良くないんだったかも、と思いやめた。
(いつも書いていますが、薬に関しては、大変テキトーなワタクシでございます

もう、これしか、することはない。
明日になってから、受診するしかない。
ちょうど、明日は、私は仕事が休みなので、午前中に行こう。
そう決め、何とか心を落ち着かせるしかなかった。

で、
翌日、受診しました。
せっかくなので(?)、新しい所に行ってみましたのです~。
新しい病院は、女医さん一人でやっている所らしかった。(受付も一人居ましたが。)

早速、チョビの歯茎を診てもらいました。
(正確には、下の牙の根元の部分です。)
ちょっと触っただけで、血が出てきて、黄色い膿も出てきた。
何か化膿していたようであった。

触った感じ、腫瘍のようなモノでもなく、
首筋などリンパの触診でも腫れがなさそうなので、やはり癌などでもなさそうとのこと。
ただ、「化膿」とは断定は出来ないので、抗生剤で様子見ということになった。(化膿なら抗生剤で効いてくるし、他のモノなら、改善しないので、他の原因を疑って、ということらしい。)
1週間位飲んでみて、再受診することとなった。
そうそう。
結局、抗生剤はパセトシンであったわ…

受診したついでなので、と
血液検査もお願いしてみた。
すると、じゃぁ、数時間お預かりしますね。と言われた。

え?そうなの?
いや。採血だけで、結果は、次の時でもいいんだけど…、
と思ったのですが、

「では、基本的な血液検査をしてみて、何か問題があったら、その部分をさらに詳しく検査してみますね。」
と言われたので、
「あぁ、それなら、預けて、そうしてもらった方がいいかも。」と思い、それで、お願いした。

そういうことで、
突然の「検査入院」ということになったのでした

夕方に迎えに行きました。
やはり腎臓の数値が、少し外れてきている、とのことで、いろいろ説明を受けました。まぁ、今までも聞いた事に関してですけどね。

今回の数値は、腎臓と肝臓に関してだけ書き出すと、
下記の通りです。(カッコ内は基準値。)
BUN 40.4 (17.6~32.8)
CRE 2.4 (0.8~1.8)
ALT 37 (22~84)
ALP 90 (38~165)
PCV 29.6 (32~45)
ヘモグロビン 9.2 (10~15)

前回の数値がちょっと見当たらないのですが、
同じように「ちょっと外れている」といった感じだったと思うので、
それほど進行していないのだと思います。

と言うか、前回の時も「前回と同じ」と書いていたと思うので、
最初に「腎不全通告」されてから、確か2年くらい経っていると思うのだけれど、その最初から、あまり変化なしで、維持している、ということかも。

おー
この調子で、ずっといけたらいいですねぇ

まー。
ちょっと脱水ぎみとのことなので、
サボリがちな輸液をきちんとやらねば…と思ったのでした

 「え?テンテキ、またやるの?」

テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
入院と聞いてびっくりしましたけど
チヨビちゃん、たいしたことじゃなくてよかったですね。
ネコさんにも検査入院なんてあるんですねー
人間と同じなんだ‥

“適当”なんて言われてますけど
まこさんは病気とか薬とか、詳しいですよね。
もしかして看護婦さんだったとか?
幸いにもわが家のネコは今のところ健康優良児で
病院のお世話になったこともなく
なんの問題もないのですが‥
なにかが起きたら、訳わかんないだろうなぁー
なんてちょっと心配したりしています。
2006/09/14(Thu) 20:03 | URL  | MoMoママ #NEyi6E9.[ 編集]
BUNとかCREとか、テンテンも似たような感じです。
でも5月にはBUNが50超えてたんですよ。
だんだん落ち着いてきて、まあ現状維持できればv-221って感じになってきました。
肝臓・腎臓は全快しないんだから、
悪くならなければ一番ですよね。
チョビちゃんの皮下輸液、自宅でやっているんですかv-236
2006/09/15(Fri) 23:21 | URL  | 村長 #-[ 編集]
☆MoMoママさんへ☆
お返事遅くなってしまって、ごめんなさいv-436

もう1週間経ってしまいましたが、チョビはおかげさまで、すっかり良くなったようです。
結局、デキモノの中の膿を出したらすっきりしてしまったようですi-229
念のため、抗生剤はその後も続けていますが。

私は、以前、ずっと調剤薬局で働いていましたので、薬に関しては、結構テキトーなんです~i-278
2006/09/20(Wed) 17:54 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
☆村長さんへ☆
お返事遅くなってしまって、ごめんなさいv-436

テンテンちゃんも、一時は大変だったのに、
なんとか落ち着いたようで、ホント良かったですよねv-10
BUN50から、ちゃんと下がったんですね…。
適切な治療と愛情のタマモノですねっv-218
肝臓も回復は難しいのですねi-241

お互い頑張りましょう~v-91

チョビの輸液は、家でやってます。
この辺
http://mypress.jp/v2_writers/sidewalk/story/?story_id=960102
とか、この辺
http://sidewalk.blog3.fc2.com/blog-entry-35.html
に書いたことがありますが、最近はすっかりサボリがちです…v-393
2006/09/20(Wed) 18:02 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。