スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仔猫殺しについて。
2006年09月25日 (月) | 編集 |
ご存知の方も多いと思いますが、
少し前に話題(?)になった、坂東眞砂子さんの問題です。

ネット上で、バババッと議論が持ち上がったときに、私も知っておりましたが、
私としては、このことについては何もふれたくなかったので、ブログにも書きませんでした。

こと動物に関しては、人によって、あまりにも価値観の違いがありすぎるので、私は議論(反論)する気もなかったからです。

先日、
私用でも何度かお逢いさせていただいている、作家の川端裕人さんのブログに、これに関しての記事がありまして、読ませていただきました。

私は、ネコを飼っている者側として、やはり、坂東さんの行為には、頭から反対したい気持ちですが、ここは100歩譲って坂東さんの気持ちも考えてみたりします。
でも、結局、価値観の違う人の考えは、やはり理解出来ないもので、どうしても、反論したい気持ちが前に出てきてしまいます。

そんなで、多分、適切に表現できないであろうと思っていたので、
今まで何も書きませんでした。

しかし、川端さんは、さすが作家です。
ズバッとピタッと書いて下さいました。
私は、川端さんの書かれていること全てに賛同したいと思いました。

まぁ、ひとつだけコメントするならば、
「ペット廃止」を叫ばないのか不思議で仕方ない…
ということに関しては、
「ペットとは、長年かかって人間に作られてきたものも多いので、すでに人間の管理下でないと生きていけないため、「ペット廃止」とするならば、それはかえって、その動物のためにならない。」
といった感じでしょうか。
または、簡単に言うなら、
「現在の屋外生活では、危険が多いので、屋内で飼育する方が安全。」
とでも言いますかね。

私は、そう思うのですが、皆さんどうでしょうかねぇ?

テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
う、う~ん
私も記事にはしなかったクチですが、考え方ってのは難しくて微妙で。

田舎(とは限らないかな)では未だに猫は放し飼いが普通。去勢・避妊手術なんてしないよ~って笑ってる人が実際いっぱい居ます。「子猫はどうしてるの?」「さぁ知らないよ。」会話するだけでイライラします。
まだまだいろんな問題が認知されていない、常識として浸透してる途中なんですかね。

ペットってやっぱり人間のエゴが生んだものだとは思うし、確かに自然かと言う意味では異常。だからこそ、最低限のルールみたいなものを飼う側が常識として持っていないとダメですよね。

ちょっと話はそれますけど、私の姪っ子が犬が欲しいという話をしてました。柴犬じゃないとダメなんだそうです。なんで?って聞くと「お父さんが言うてるから」。
まぁ実際普通に生活してて犬を見るのってペットショップですし、子供に罪はないと思います。私は保健所のお話とかしたんですけど(そのお父さんの前で)、「でも、雑種なんでしょ?」だって。
なんだか悲しいですね。
奥さんは飼うなら貰い手のない子を。って思ってらっしゃるようで、その話になるといつも夫婦ケンカになるそうです。

一度無理矢理にでも姪っ子達を里親募集の会場に連れて行ってやろうかと企んではいるんですが、なかなか…。

長文&横道、失礼しましたm(_ _)m
2006/09/25(Mon) 11:37 | URL  | chitose #CjcXgi0o[ 編集]
このニュース
聞いた時には耳を疑いました。
命を投げ捨てる行為。そんな人として恥ずかしいことを
堂々とエッセイとして発表してしまう心理は 理解できません。
現在も、その方に飼われてる猫が不憫でなりません。
わたしもペット廃止は叫ばないけど、ペットショップとか
命を売るお店がなくなったらなって思います。
幸せな日を夢見て待ってる小さな命を、ペットショップからでなく
そういう施設から 救って欲しいと切に願います。

2006/09/26(Tue) 16:25 | URL  | くろもも #HOQnECT2[ 編集]
☆chitoseさんへ☆
そうですねぇ。
まだまだ、放し飼いが当然、という考えの人も多いですし、去勢・避妊はかわいそう、という考えの人も多いです。
私も、一番最初にネコの避妊手術をする時は、考えました。避妊手術をして、何か利点があるのか獣医に聞いたこともあります。結局、納得できる答えは見つかりませんでしたが、私の場合は、ただ単に「我が家では無理。」ということだけでしたが…。(わざわざ相手を見つけて交尾させること。出産や産後の最適な環境をつくること。生まれた仔猫の世話をする、または、里親を探すこと、などなどが“無理”だと思いました。)
そして、産ませないのに、毎シーズンを無駄に体力・精神力を使わせる方が可哀想との結論を出しました。

考え方は、人それぞれでしょうから、なんとも言えないのですが、やはり、すでに生まれている命を絶つ、というのは、間違っているように思います。

姪っ子さんの所に、素敵なご縁があるといいですね。
確かに、身寄りのないコ達が、里親会場にはたくさんいるけれど、そういう活動をされているかたのほうが、適切な世話をしていると思います。
ペットショップでは、個々の性格などは考えずに、マニュアル通りの世話をしている所が多いのではないかと思います。そして、ご縁のなかったコ達の運命はどうなるかわかりません。
そう考えると、お店から引き取ってあげたい気持ちもありますねぇ…v-390
2006/09/27(Wed) 16:32 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
☆くろももさんへ☆
そうですね。
坂東さんが、どのような考えで、最初にこの記事を書いたのか、全く理解できません。
原文を読めば、何か解るのかも知れませんが、私は読んでいないし、読もうとも思っていません。
なので、正確なことを知らないのかもしれないので、ココには、何も書いていなかった、というのもありますが。

ペット産業というのは、本当に、儲けの利用にされやすいものだと思います。
生体の売買も、需要があるので、どんどん作り出されてしまうサイクルに陥っていると思います。
ただ、売れないと、今度は、処分される犬猫が増えるのも必須でしょうね。
難しい問題ですよね。
2006/09/27(Wed) 16:46 | URL  | まこ #MvSKUjhA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。