スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ロボッツ』
2005年08月13日 (土) | 編集 |
ロボッツを観に行きました。

ロボット世界の物語で、ロドニーという青年が、自分の夢のために、田舎から大都市に出て来る話です。

制作は、20世紀フォックスで『アイス・エイジ』などがありますが、私はそれは観ていないので、なんとも言えないのですが、
今回のこの「ロボッツ」は、なかなか良かったです。
ピクサーのように、たんたんと引き込まれていく、というわけでもなく、
ドリームワークスのように、にぎやか風、というわけでもなく、
「初めて観る(会社の)なのでまだ判らないなぁ。」という感じでしたが、
絵も内容も、良かったと思いました。

絵については、貴金属系が主ということで、すべて表面が硬いタッチになるわけですが、
ただ、つやつや光沢というわけではなく、古い感じのところは、それなりにハゲていたりします。その消耗具合も、とても自然で「ほぉ~」と関心します。
動きや音も、金属系のモノで、それも、各キャラによって、特色を持っていてちゃんと区別されていました。
ストーリーは、夢を追っていくうち、苦難があり落胆があり、それでも最後にはハッピーエンドになる、という至って簡単な流れですが、各シーンに見せ場(?)があり、ところどころで楽しめる作品だと思いました。

後半はあれよこれよと進んでいき、展開が早い印象をうけましたが、
まぁ、全体の時間としては、あれでいっぱいかな、という感じでした。

日本語吹き替え版を観たのですが、タレント等は置いておくとして、
他の役には、中堅~ベテランどころの声優さんが揃っていて、懐かしくもあり、安心して観られた、というところでした☆
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。