休日
2009年03月02日 (月) | 編集 |
今日は3か月ぶりくらいに、平日の仕事休みです。
予定外に仕事を2つかけもつようになってから、日曜しか休みがなくなり、忙しい毎日でした。
小学2年生の娘も、「うちのお母さんは忙しい」というのが、なんとなくわかっているようで、
以前は「今度休みいつ?」としきりに聞いていたのがすっかり言わなくなり、
1月くらいに、「3/2にお友達と遊びたいから、お休み取って。」と予約をされてしまったのでした そのくらい前に言えばいい、というのを8歳の頭で考えたらしい

というわけで、
まるまる一日グータラできる休みではないけれど、昼間はとにかく休み。
テンが退院してから、初めて一緒に居られる昼間です。



ところで、
実は、私には気になっていることがあったのです

テンの絶不調の状態と比べてしまうと何とも言えないのですが、
白猫チョビ(現在18歳10か月)の状態も良くないのではないか?ということ。

まぁ、「食べない、飲まない、ぐったりして動かない、目がうつろ」という感じだったテンと比べると、
「食べてる、ものすごく飲んでる、頑固爺なので毎日なんだかんだうるさい」という状態のチョビは、まだ安心できるところがありますが、
腎不全を宣告されたのは、チョビが先だし、「うるさい」のもこの数日減ってきているような気もする。

そんなで、
チョビも血液検査でも、と受診することにしました。
そして、「次は週明けにでも。」と言われていたテンですが、あまり食べていないし、ついでなので、一緒に連れていくことにしました。
オットが休みで、車がある機会にと...


で、チョビの血液検査の結果です。

BUN(16-36):33.3→26→30→48
CRE(0.8-2.4):3.15→2.9→3.3→3.2
リン(3.0-7.5):(未検査)→4.2→4.0→4.3
体重:3.6kg

2005年→2007年→2008年→2009年3/1の履歴です。※()は基準値。

まぁ、りっぱな腎不全な数値ですが、4年間でこの変化なら、まぁまぁ妥協できる範囲です。



そして、テンの今回の結果は、

BUN(16-36):50
CRE(0.8-2.4):3.6
リン(3.0-7.5):7.3
体重:2.3kg

退院してから、あまり飲まない食べない状態ですが、それでも順調に安定してきています。
栄養状態をみる、蛋白やアルブミンなどの数値も、今のところ、大丈夫な範囲らしい。

そして、よく見てみると、この数値だけからすると、
なんとチョビとたいして変わらないことになるのです。

なのに、この見た目の違い、体調の違いは何かというと、
「貧血」ということになりました。

血液の濃度をしめすPCV

チョビが 30.6
テンが 21.8

基準値は32-45ですが、
チョビは、4年前から30前後なので、もともとこんな感じという可能性が高い。
テンは、4年前からの履歴でも常に40前後はあった。
先週の入院時でも、38.0あった。
それが、この数日でじわじわと下がり、昨日の検査で、この21.8。

腎臓が弱ってくると貧血になる。
以前説明をうけた。
しかし、貧血の治療には、腎臓のかねあいやら、なんやらいろいろあって、
開始時期というものがあるらしい。

そして、
今のテンは、治療が必要な時期になっている、ということのようだ。

治療には、エリスロポエチンの注射しかない。

エリスロポエチン。

知ってる。

腎不全の子の日記には、必ず出てくる。

そして、これは、
(下世話なことだが、)
高い。

注射1回3000円くらいで、週に3回くらいで、数週間は継続が必要。



数日おきに通院するテンのストレス、
年齢による(と思われる)腎不全(=完治しないもの)

さまざま思うことがありますが、
どこまで治療をするか。

今通っている病院でも「19歳の子は診たことないので。」と言っている。

先日退院したのも「落ち着いたので、あとは家で。」
という意味もあったのだと私は思っている。
(なんとなく回復してきているが…



今後どうするかは、決めかね、とりあえず、初めての注射はしてもらった。



いろいろ課題は残されている。

今、テンに確実にしなければならないことは、
皮下補液。

そして、
チョビも、あきらかに「補液してもいい」状態。

ふたり分の補液代と、テンの注射代。
う~ん。考えたくない。

働かなきゃ~
という状態ですかね…


「点滴再開か・・・。
・・・とばっちりだ・・・
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可