ペットの最期について
2010年06月20日 (日) | 編集 |
昨日の夜、テレビのチャンネルをあちこち変えていたところ、「ペットの最期」についての内容を放送していました。
NHKの『追跡!AtoZ』という番組でした。

内容のひとつに、都内で反対運動のある火葬場が取り上げられていました。

オットが「この前行った場所だね」と気がついた。

そう。
テンが亡くなって、火葬をお願いしようと行った場所だった。
インターネットで調べて、まぁまぁ良さそうだったので、行ったのだ。
実は、サイトには、とても丁寧な文がたくさん書かれていて、それがかえってアヤシイ気も薄々していたけれど、
でも行った。

数十メートル間隔で、「反対!」と書かれている看板が、いくつも立ってる道を車で進んでいった。

その場所は突然現れ、駐車場のような場所に建てられたプレハブのような建物だった。

私は、ちょっと躊躇したので、まだテンを車に残したまま、とりあえず中に行こうとしたが、
オットがテンを連れてきてしまったので、そのまま一緒に入った。

入るとすぐに、
「午前中に大型犬の葬儀が1件あったので、大きいサイズの火葬車がまだ停まっていてごめんなさいね」
と言われた。

そしてそのとき初めて気がついたのでした。
そういえば、サイトを見た時、確認しなかった。私は固定火葬場だと思い込んでいた。
一応聞いてみると、やはりそうだった。

そこに停めてある大型車での「車火葬」だとのこと。それを聞いて、やめた。

キャンセルしたが、そのスタッフは、テンのために摘んで用意しておいてくれた花を、せっかくだから、とテンの箱の中に入れてくれた。
キャンセル料も取られなかった。



その後、帰る途中の車の中で、必死で携帯で検索をして、別の場所に連絡をし、
すでに時間外であったけれど、なんとか受け入れてくれる所が見つかり、そのまま向かって、
正しい形で、テンに別れを告げることができた。
以前、ダイヤの時にもお世話になった施設でした。
そして、その後のウメの時は、もう迷わずここにしました。



実は、そんなこともあり、
テンには悪いことをしたなぁ、と、悩みつつ、
でも、このことは、いつか書こうと思いつつ、
あれ以来、ブログ更新が滞っていた原因のひとつでした。



取り急ぎ、
我が家の2匹は、まぁまぁそれなりにやってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック