ミヤちゃん。
2011年02月28日 (月) | 編集 |
思えば、
ミヤは来た当初から、臆していない子でした。


うってかわって、先住猫のうさぎは、モーレツな臆病でした。

絶対的な「相性」というのもあるとは思います。
仔猫パワー全開で、トイレの最中にも何度も飛びかかってくるような、
そんなミヤのことが、うさぎには耐えられなかったのだと思います。

怖さゆえか、ミヤに噛みつくこともしばしば。
ミヤも何度もびっこをひいていました。


うさぎのお気に入りの場所↓




↑考えてみると、この直後に、うさぎは食べなくなったような気がします。
ストレスマックスになったと思われます…

部屋を分けたのもこの頃。

家中を走り回っていたミヤには可哀そうでしたが、これしか思いつきませんでした。

でも、それなりにいっぱい遊びました。


それでも、ミヤもやはり他の部屋に行きたいので、脱走する。
うさぎも今まで入れていた部屋に行けなくて気になるので、開けてしまう。
そして、遭遇しては、噛みつきあいの大喧嘩

譲っていただいたボランティアさんにも電話して相談したりしていました。

ミヤも、来た時の嬉しさいっぱいの元気さが日に日に無くなっていくように思えてしまいました。



いろいろ、

いろいろありまして、

結局のところ、我が家に居ることはミヤにとって良くないと判断せざるをえませんでした。



ミヤを連れて行ったのは、先週の日曜日。
その前の晩にも、大変な喧嘩をしてしまい、
前足がパンパンに腫れ、ビッコ状態のまま、ミヤを戻すことになってしまいました。


そのまま受診してもらったらしく、後で聞いたら、
見事にキバ4本がっちり入っていたようです。

これが首だったら、と思うと、
「ちょうど引き際だったのかも知れませんね。」
と言われました。



この1週間、以前のような静かな日々になりました。

でも、娘は何日も大泣きして過ごしました。



ミヤにとって、この1ヶ月は、どうだったのかなぁ。
テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
ミヤちゃん
居なくなったんですね・・・
でも、まこさんの判断は正しかったと思います。
相性ってありますよね。
一緒に住んでみないと、こればかりはわからないですね。
トライアルをしてから譲渡するボランティアさんもあるようです。
うさぎちゃんもミヤちゃんも、ストレスを持ったままずっと生活していくのは無理でしょうし・・・
難しいところですi-241
娘さん可哀相ですが、縁があればまたきっと巡り合えると思います。
私はそう信じてますi-179

うさぎちゃん、チョビちゃんの様子はどうですか?

2011/02/28(Mon) 19:08 | URL  | てんこ #HfMzn2gY[ 編集]
ミヤちゃん
多頭飼いの難しいところですね。
うちだって上と下だから共存できてるけど、同じフロア
で扉1枚だったら無理なんじゃないかと思います。
せっかくのご縁だしちょっと寂しいですね・・・
まこさんご一家も辛い決断だったと思います。
でも、うさぎちゃんにとってもミヤちゃんにとっても
正しい判断だったのではないでしょうか。

ミヤちゃんの今後の幸せも祈ってます。

懲りずにまたチャレンジして下さいね!
もっとチビチビだったら・・・チビ2匹だったら・・・
相性だけじゃなく対策もいろいろありますから~。
ウメちゃんの生まれ変わりもくるかも知れないしね♪


2011/03/01(Tue) 15:34 | URL  | きゃら #YrGnQh/o[ 編集]
☆てんこさんへ☆
有難うございます。
ミヤが居なくなって、そろそろ2週間。
いろいろなことが落ち着いてきました。
今まで、何の問題もなく新しい子を迎えてきたので、
このようなことになるとは思ってもみませんでした。
先代のネコ達がいかに寛容だったのか実感しましたi-241
2011/03/03(Thu) 09:06 | URL  | まこ #3fIBvpkA[ 編集]
☆きゃらさんへ☆
有難うございます。きゃらさんにはメールも頂いて、お世話になりました。
うちも以前の家なら上下に分かれて生活できたね、なんて言っていました。今の家も、完全に隔離することも出来ましたが、ミヤは他の猫と遊びたいタイプのように感じたので、可哀そうに思いました。
実はミヤには茶トラの兄弟が居ました。もし2匹一緒に引き取っていたら、うさぎ達と別居でも良かったかも知れませんね…i-241(ミヤを返す時聞いたら、その子はもう貰われていった後でしたが。)
2011/03/03(Thu) 09:12 | URL  | まこ #3fIBvpkA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック