スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ニモ』
2003年12月17日 (水) | 編集 |
『ニモ』を観てきました。 魚の個々の動きや、ヒレの細部まで、すばらしくて感動しました。 水中の様子も、見事で、ちゃんと「水の中」という感じがしました。 ストーリーは、「ニモ」という名前のカクレクマノミの子供が、人間に捕まり、 それを父親が探しに出かけ、最後は平和な元の場所へ戻ってくる、 という、ありえない話ではあるけれど、それはさておいて、 海の中や生体の様子、それと、友情・勇気、親のあり方、など、 そういう方面に重点をおいた作品なのかな、と思いました。 2歳の娘は、初映画で、2時間もつかなーと心配したのですが、 以前から、観たい観たいと言っていたので、覚悟を決めて連れて行きました。 (時々行くペットショップの魚コーナーでプロモーションビデオが流れていて、いつもくいいるように観ていた。) ぐずった時の為に、ジュースやお菓子やら、いろいろ持っていったのですが、 意外にも何も食べず、ずっと真剣に観ていました。 ニモがさらわれるシーンで、ふと見ると、泣きべそ顔だったので、声をかけると、 「うわ~(>o<)」と泣き始め、「ニモはどこ行っちゃったのぉ~」と大泣き。 途中も、所々のピンチシーンで、泣きべそ。 ちょっと怖かったかなぁ、と思っていたのですが、 終わりの再会シーンでも、大泣き。感動したのだろうか(^^)ゞ 数日前に観た姉達は、字幕版に行きましたが、 舞台がオーストラリアの海だからなのか、 原語は、ちゃんとオージーイングリッシュ(濠英語)だったそうです。 そうそう。 最後のテロップでは、文字に合わせて、キャラクター達が出て来るのが可愛かったです♪ テロップが終わった後も、一瞬あるので、 これからご覧になる方は、最後まで見てみて下さい。
AUTHOR: てんこ DATE: 12/25/2003 17:34:43 私も上の娘と行ってきました。 それも吹き替え版です。(^^; どうしてもノリさんと室井さんの声で観たかったから・・・ 子供ばかりかなぁと思ってたけど、大人(カップルとか)も結構沢山来てました。(^^ 最後のエンドロール?まで観ないと損しますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。