PCの不具合・その後
2004年02月08日 (日) | 編集 |
先日、PCの調子が悪い事を書いた後、 起動時のフリーズが毎回になってしまっていた。 それでも、ムチ打って使い続けていたら、 記号がおかしくなってしまった。 これは、前のパソコンでも経験がある。 キャッシュフォントの破損だ。 以前もやった事があるので、対処は知っている。 あーあ、やれやれ。という感じで、直しにかかる。(詳細は下に。) 入力を済ませ、念のため、セーフモードで立ち上げて、完了する。 コレをやったのが何か影響があったのか、 なぜかその後、フリーズの方も全くなくなった。 良かった良かった。 とりあえず、これからもまだもうちょっと働いてもらう事にしましょう。 (と言って、ずるずる2年位酷使している。鬼畜だ。) 今日の昼間は、風がなかったので、暖かく感じる日でした。 でも、夕方から急に冷え込んで、気温もグンと下がりました。 やはり春はまだまだ遠いです…(+_+) ※フォントキャッシュの破損(Win)の場合。 「スタート」「検索」「ファイルやフォルダ」→名前に「ttfcache」入力。 検索された物を削除。セーフモード(起動時にCtrlを押し続ける)で再起動。 (セーフモードで起動、のみで直る場合も有り。) ※まれに、「Marlettフォントの破損」の場合も有り。(←対処はネット検索してみて下さい。)