スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスターフーズ タイ産ドライフード 自主回収について
2004年03月12日 (金) | 編集 |
☆お知らせです☆ 回収対象となる製品は タイで生産されたドライフードです。(公式文書より) [犬ドライ製品] ペティグリーミキサー ビーフささみチーズ入り ※他のフレーバーはオーストラリア製ですので対象外。 [ネコドライ製品] カルカンブレッキーズ全製品 タイ生産分 キティキャット ドライ全製品 タイ生産分 カルカンドライ 12ヶ月の子猫用 タイ生産分 カルカンドライ 7歳からのシニア用全製品 タイ生産分 以上が回収対象となっているそうです。 ただし、一部製品がリニューアルまたは、新商品になっているようですので、 対象の詳細などは下記の問い合わせ先にてご確認下さい。 『マスターフーズ消費者センター』 フリーダイヤル 0120-094-455 AM9~PM6時 ※回収の経緯について※ この回収は、マスターフーズリミテッド姉妹会社のエッフェム台湾に 「飼い犬の腎不全」に関してペティグリードライ製品が原因ではないかとの苦情が寄せられたことから、 当該製品を製造しているタイ工場内の原材料と製品の検査を実施したところ、 原材料の一部にカビが発生していたことが判明しました。 これが今回の苦情の原因なっているかどうか、確認は取れておりません。 (猫においてアジア全域から苦情は発生しておりません。) また、日本においては、犬、猫の腎不全の増加の報告はされておりません。 しかし、マスターフーズとしては、今回自主的に回収することとなったそうです。 http://www.masterfoods.co.jp/news/letter.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。