テリア風ワンちゃんのその後。
2004年07月28日 (水) | 編集 |
7月24日に書いた、殺処分目前だったワンちゃん。 とても多くの方々に、心配していただき、そして応援をいただき、 無事、新しい家族の一員となる事が出来ました! たった4日しか猶予がなく、当日までに、直接迎えに行かなくてはいけない。 延長はしてくれない。一時的な保護としての引き取りではダメ。 センター側からすれば、例外を認めていてはキリがないだろうし、 第一、認める理由がないだろう。 そんな中で、良い結果になって、本当に良かったです。 もちろん、忘れてはならない事は、 このワンちゃんは、本当に運が良かったのだという事。 毎日「処分」されている動物達が、何万と居るのです。 昨日も今日も、そして明日もずっと。 保健所では、飼主から連れて来られる子が年々増えているそうです。 そして、その90%以上が、仔犬仔猫など幼い子達だそうです。 「ペットを飼う」という事は、 ちゃんと、その生態をよく知った上で飼う、というのが、とても大切だとつくづく思います。 人間とは、適正さが違う事もたくさんある訳だし、こちらが妥協しなければいけない事だってたくさんある。 そういう事を覚悟した上で「ペットを飼って」もらいたいものです。 元飼主さんには、他にも事情があるのかも知れませんが、 どうしても手放さなければならないのであれば、 きちんと次の飼主さんを探す事をしていただきたかったと思います。
AUTHOR: りえ DATE: 07/31/2004 20:01:26 ワンちゃんよかったですね。安心しました。 本当に運の良い子でしたね。