スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターンシップ
2004年08月03日 (火) | 編集 |
ヤマザキ動物看護短期大学の体験入学に参加してみました。 多分、若い子ばかりなんだろうなぁ、とは思っていたものの、 私は、若く見られがちなので、もしかして大丈夫かも~なんて思い、 紛れてきました~(^_^;) カリキュラムは ・AHT模擬実習 ・グルーミング ・ハンドリング・トレーニング実習 など。 AHT(アニマル・ヘルス・テクニシャン)の時間では、動物病院でのいろいろな仕事の体験です。 例として、包帯を付ける実習をしたのですが、チューブ包帯を使用。 「あぁ、ダイヤがしていたなぁ」なんて思っていたら、付ける場所もまさに頭部。 なんだか、グっときてしまいました…(>_<) その他は、調剤についてなど。 調剤薬局で働いていた私としては、見慣れたものばかりでした f(^^;) あと、デモ手術室でのいろいろな機器の説明などもありました。 これも、何度ものダイヤの手術を見学していたので、懐かしいものばかりでした。 グルーミングは、シャンプー・カットなど。 ここにいるワンちゃんは全て、一般家庭からお預かりしている子達ばかり。 だから、テキトーには出来ないし、ゾンザイな扱いも出来ない、といった仕組み(?)です。 ハンドリング実習では、中~大型犬が各種待機していて、 1人1頭付いて、指示を出して、歩いたり座らせたり、伏せをさせたり…、まぁ、そんな事でした。 こちらも同じく、お預かりのワンちゃんなので、各家庭によってしつけ方が違ったりしているので、それぞれクセがありそうでした。 特に、トレーニングスクールに通っていたワンちゃんなどは、教え方が違うためか、顕著に反応が違います。 例えば、「止まれ」という指示を出した場合、ただ止まるだけと、止まったら座る、という子が居たりするのです。 そういう違いは、どうするのかなぁ。学校側の指示方法に直させるわけにはいかないだろうし、かと言って、違う事をされたら、実習にならないだろうし。 この授業は、あまり多くはないようなのですが、トレーニングルームが4階のホールを使っている事がちょっと気になりました。 窓も大きく、人間にとっては見晴らしはいいのですが、イヌにとっては、怖い高さなのではないかなぁ、と思いました。 実際、窓(外側)の方に近づきすぎると、緊張してしまっている感じのワンちゃんも居ました。 ちなみに、各階への移動は、エレベーターを使うようですが、それには「犬優先」と書いてありました。人は極力階段を使うようです(^_^;) そして、トイレも「女性用」「男性用」「犬用」の3箇所に分かれていました(@o@)! 犬用は、狭い小部屋になっていて、排水溝があり、水洗いできるようになっている所でした☆ まぁ、そんなトコロでしょうか。 全てが「イヌ中心」の内容かな、という印象は受けましたが、 なかなか楽しかったです(*^_^*) まだ、日程があるようなので、興味のある方は、参加されてみてはいかがでしょうか。 お土産もたくさんありました(^o^)丿 Tシャツやカバン、スタンプやらクリアファイルやら色々。修了証と専門学校の優待資格まで貰ってしまった…。 そうそう。結構しっかりした昼食と飲み物まで付いていましたー! もっとも、進学を希望している高校生がほとんどでしたが…f(^^;)
AUTHOR: てんこ DATE: 08/07/2004 13:32:24 地元にこんな学校があったら、娘は迷わずに行っただろうなぁ~ 短大に通ってる今でも迷い続けてるしな・・・ 本音は動物に関わる所で働きたい気持ちがあるようで、動物病院がいいなと言ってます。 でも現実はそういう勉強してないから無理なんですけどね(^^; トリミングスクールとかはあるけど、それだけするのは嫌みたいです(^^; そういうことが体験できる機会があるといいんだけど・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。