スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイヤ。
2004年12月22日 (水) | 編集 |
今日。 12月22日は、長女ダイヤの命日。 2年前のあの日、ダイヤの灯火が消えた。 どうしてよいのか判らず、 ただただ外科的処置を繰り返してしまった私達。 「これで最後にする。」 毎回そう決めて、何度も手術をさせてしまった。 他に、何も思いつかなかった。 そんな私達に、「何か」がストップをかけてくれた。 手術の出来ない、口の中への転移。 何もしてあげられない苦しみ。 でも、ダイヤは、ずっと苦しんできた。 そして、やっと開放された。 2年前の、寒い冬の夜だった。 ダイヤが最期に居たホットカーペットカバーは、今はもう使っていない。 でも、押入れにまだしまってある。捨てられない。 これから先、ダイヤの思い出の品物が、どんどん朽ちていくだろう。 でも、ダイヤのまつわるもので絶対になくさない物がある。 それは、私自身。
AUTHOR: よし DATE: 12/24/2004 22:33:52 もうあれから2年もたちますか。 絆は一生切れることがありませんよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。