強力粉ビリオン
2005年01月10日 (月) | 編集 |
年末に注文したパンの材料が年明けに届いた。 最近は、スーパーカメリアを使っているが、 ホームベーカリー任せだと、イマイチで、失敗続き。 でも、普通にオーブンで焼くには、なかなかなので、またこれを買う事にした。 今回は、ママパンで、注文したのだけれど、 強力粉食べ比べセットというのがあったので、それも一緒に買ってみた。 で、早速別のを試してみようと「ビリオン」というのを使ってみた。 粉の見た目は、とても白く細かい。 とりあえず、いつもの角食パンを作る。 生地の伸びが少し硬くて、成形しづらかった。 出来上がりは、まぁまぁ。でも同じ焼成時間なのに、焼き色が少し薄い。 食べてみると、やはり違う香りがする。私の好みでは「う~ん…(ーー;)」という感じ。 残りを翌日、サンドイッチに使ったのだけれど、独特の香りが更に強くなったようにも思える。よけいに「う~ん…(-_-;)」。 2度目挑戦。 今度は、山型パンにしてみる。 前回よりベンチタイムを長く取ってみたが、やはり伸びがよくない。 こんなもんなのかなー、と強引に丸め型に入れる。 すんごく久し振りの山型なので、表面を焼きすぎてしまった。もっとも、濃い焼き色の好きなオットは、これでちょうどいい、と言う。(私は薄い色が好き。) 夜に焼いたが、翌朝は忙しくて食べる事が出来ず、翌々日になってしまった。 日にちが経ってしまったので、トーストで食べる事にした。(普段は私はそのままで食べるのが好き。) 焼いて食べると、とてもサクサクしていい感じだった(@o@)! 噛む音も、コマーシャルに使えるのではないか、と思える程気持ちいい音(^^)ゞ これは、トースト向きの粉だったのかも、と思った。 が、食べていて、ふと気が付いた。 「脱脂粉乳いれるの忘れた。」 どうも、とてもシンプルな味だったのだ。私はこの方が美味しかったけど。 だから、生地に柔らかさが無かったのかも。 で、出来上がりも、しっとりではなくサクサクになったのかなぁ。 3度目挑戦。 本当に脱脂粉乳だけのせいなのか、再度、角食を作ることにした。 ちゃんと脱脂粉乳を入れたら、成形時の硬さが、やはり違った。 やっぱり入れるのと入れないのは違うんだなーと実感。 しかし、その後、ついうたたねをしていたため、はっと気が付くと、 型のフタが出来ない位に発酵が進んでしまっていた…(>_<) 結局また、山型で焼いた…。 でも、まぁ、同じようにサクサクで良い感じだった。 4度目、今度こそ角食! …と思ったら、粉がもう足りなかった…(×_×) 感想としては、なかなか良い感じではあった。 サックリなので、トースト向きではあるけれど、菓子パンなどには、どうかなー。という感じかな。