血液検査
2005年06月07日 (火) | 編集 |
先月末のことで、書きそびれていましたが、チョビを数ヶ月ぶりに病院へ連れて行きました。 自宅点滴用の液が無くなったのと、前回血液検査をしてから、だいぶ経ったので、再検査をしてもらいに行きました。 まず、体重測定。 3.85キロ。前回と同じだった。 減ったと思っていたけど、意外にも変わらずだったので、ホッとした。 BUN→33.3mg/dl。 CRE→3.15mg/dl。これは前回は3.09だったので、少ぉし上がっているけど、7ヶ月経って、この程度なら、全然問題なしとの事。 PCVは、32.6%。これは、血液の濃度の数値で、貧血の目安となる。前回は29だったので、簡単に言えば「濃く」なっていて、改善されている、という事。 老化によるもので、どんどん進行していくだけと思っていたので、 どれだけ数値の変化があるだろうと、心配していたのですが、予想外に変わっていなかったので、ひょうしぬけした感じでもあった。 最初に腎不全の診断が出て以来ずっと、チョビのフードは、腎疾患用の低たんぱくフードにしている。 が、これはどーしても、嗜好性がイマイチ。 なので、ヒルズのg/d(←普通の老猫用)を交ぜていたりする(^^)ゞ(g/dは美味しいらしい。) その上、時々は、別の子のフードをつまみ食いしてたりする…(ーー;) そんなテキトーな状況だったりするので、「絶対、進行しているっ(>_<)」とビクビクしていたのだ。 やはり、補液の点滴は、効果があり、上手く保たれているのでしょう、との事でした。 その点滴も「一週間に1度。」と決めているのだが、実は、2週になったりしてしまう事も多いのだけど…f(^^;) まぁ、とにかく、続けるしかないですね。 ↑たまたま、テンがした後に、チョビもして、見事に比較が出来たので、撮ってみました(^^)ゞ 左がチョビで、右がテンです。 やはり、チョビのほうが、量が多く、色も白い事が判ります。(見えるかな?) これでも、最近は「あれ?チョビのも黄色くなったかな?」という感じなんですよ。