スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プールのこと
2012年08月21日 (火) | 編集 |
暑い日が続きますね。
風があるので、マシですが、それでも、東京の夏は湿気があるので、
他の地方の人からすると、「息ができない暑さ」なんだそうですね
私はずっと東京に住んでるし、旅行もほとんど行かないので、他の場所の夏は判りませんが

さて、
小学校のプールで1年生の子が溺れた、との記事を見つけました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120821-OYT1T00444.htm?from=main3

うちのチビ娘も、低学年の頃、やはり学校のプールで溺れたことがあって、
それ以来、プール参加は嫌がるようになりました
調べてみたら1年生の頃は身長110センチだったので、まさに今回のこの女の子と同じくらいの背丈でしたね。

まぁ、正確には、娘の学校は、
1,2年生の間は「小プール」といって別の浅いプールのみ使用して、3年生から、普通のプールが使える、という決まりでしたが、
3年になり、初めて普通プールに入った時に、足がつかず、溺れて以来、プールは嫌がって、全て見学でした(ちなみに3年時の身長は120センチ)

4年になって、もう足がつくようになっただろう、と参加してみましたが、
浅い方は確かにつくが、深い方はまだダメだったらしい。(この時は125センチ)
しかし、浅い方は、3年生が使うエリアだったので、当時4年になっていた娘は、深い方に行かされ、またしても溺れたらしい。
(初回は、たまたま3,4年合同だったらしい。)
そんなで、4年次もまた、全て見学

そんなで、5年になった時点では、いまだ全く泳げない状態ですので、授業としてのプールは楽しくない。
なので、入らない

6年生の今年は、とりあえず入る気になっていましたが、あいにく天候に恵まれず、1学期中にプール実施したのが4回のみで終わってしまいました

小さい頃からスイミングに通ったりしている子は、足がつかなくても全く平気なようですが、
泳げない人にとっては、足がつかない場所というのは、「怖い」以外のなにものでもないと思うのです。

うちの娘も、適切な(=足のつく)場所でちゃんと楽しく授業を受けていれば、
多少なりとも泳げるようになっていたのではないかと思っています

幸い(?)プール自体は嫌いではなく「泳げるようになりたい」という意欲はあるようで「スイミング通いたい」と常々言っているので、機会があれば、通わせたいとは思うのですが、なかなかねぇ。

水辺の関連のない都会に住んでると、「泳げる」ということの必要性を私が感じてないというか…

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。